営業支援を利用して変化したこと

で随分と効率よく仕事ができるようになりました

営業支援 : 営業支援の目的や手順!

私が勤務している会社では、営業支援をしてもらうことで随分と効率よく仕事ができるようになりました。
私の会社に限らず日本の企業は、仕事の効率が悪いと言われています。
アメリカと比較した場合でも、1.6倍ほど作業効率が違うと言われているほどです。
そのため、作業効率を良くするだけで、無駄をなくすことができて会社に貢献するのは間違いないわけです。
例えば、営業部門自体は、無駄をなくすことで大幅に作業の効率化が可能になり残業等を減らすことができます。
従来の営業は、顧客リストなどは自分たちで作成しなければならず非常に面倒な部分がありました。
中には、営業リストを始めとする資料作成だけでかなりの時間がかかってしまい、営業行為に時間をかけることができないパターンも見受けられたのです。
そこで、営業部門の合理化のために営業支援を業者に依頼してみることにしました。
営業支援を依頼する目的は、作業効率化を図ることと、黒字化を図ることにあります。
営業支援業者を探すことや、業者との打ち合わせそして実行後の関係性を保つのが私の仕事でした。

価格は抑えても、品質は落とさない。
コストについて一生懸命に考えながら、住みやすく長持ちする家を目指してつくられたのが、「ニコニコ住宅」です。
驚きの低価格で実現するマイホーム。
詳しくはこちら>>https://t.co/TIcwHzTD4l pic.twitter.com/vJrblT0yqr

— グッドリビング株式会社 (@good_living1981) January 24, 2017

で随分と効率よく仕事ができるようになりました業者を探すことからスタート社員が生き生きと仕事をするようになりました